2011年03月22日

創業百三十数年の吾妻庵総本店に行ってきました


彼岸という事で昨日、土浦にある吾妻庵総本店に行きました。


こちらは私の父が育ち、数十年働いた場所でもあります。子供のころの夏休み等はよく遊びに行きおそばを食べさせてもらいました。

なかでも天ぷらそばが好きでした。子供ながらに天ぷらが浸かったつゆにはコクがあり、大きなエビ一本と小さなエビが沢山入った天ぷらのかき揚げが食欲を刺激し、つゆの浸みた少しやわらかめのそばが何とまぁにおいしかったこと!!



そして、二階にある仏壇に線香をあげ手を合わせます。こちらには創業者である曾祖父、曾祖母、祖父、祖母の写真が飾ってあります。

私が小学生くらいの時、無口な祖父が「吾妻庵・‥ ‥・・ 先代はいい名前を付けたなぁ‥・ 。」と、しみじみ呟いていたのをよく思い出します。

最近何となくなるほどなぁと思うのです。



私が今、そば職人として働いているのは創業者である曾祖父(会った事はないんですが)の影響下にあります。もしもうなぎ屋だったなら私はうなぎ職人だった事でしょう。
家業とはそういうものなのでしょう・・・‥。 (若い頃はこれに反発し10年間家を出ました)

最近(家業を継いで4年)の私は毎日そばを打っても飽きません。茹でるのも食べるのも飽きません。お客様に「ここの蕎麦はいつもおいしいね」。等と言って頂けると、大袈裟かもしれませんが先祖代々が褒められているような気持ちがして最高に嬉しいのです。
 
   
今の私達があるのは通いつめて頂いているお客様のお陰です。 
いつもどうも有り難うございます。。。

  
タグ :老舗


Posted by アッキー  at 18:10Comments(0)その他